マタニティライフを彩る:おしゃれな授乳服から便利な用品まで

query_builder 2024/03/04 産後
マタニティ期は特別な期間。厳選した授乳服やマタニティウェア、便利な用品を介護し、この大切な時期をより楽しく、快適に過ごすための速報を提供します。

美健LABO. K-Style

ロゴ

産前産後の整体ケアからフェイシャルエステまで多彩な施術を溝の口で展開しています。お客様の不調に対してじっくりと耳を傾け、適切なメニューを提案します。痛みのない施術で、美と健康をトータルサポートします。

美健LABO.K-Style
住所:

〒213-0013

神奈川県川崎市高津区末長3-6-23

大久保ビル1階

電話番号:
044-789-5874

マタニティとは

妊娠中、そして出産後の初めての数ヶ月間、これがマタニティの期間です。

マタニティ期間の重要性

マタニティ期間は、妊娠中から出産後の初めての数ヶ月間を指します。この期間は、新しい命が誕生するまでの過程と、新たな母親としての自分自身を認知していく重要な時間です。

マタニティ期間の重要性は、まず、赤ちゃんが健やかに成長するための基盤を整えることです。妊娠中は母体と胎児が一体となっており、母親の体調や生活習慣が胎児に影響を与えます。適切な栄養摂取や健康管理、ストレスの軽減など、マタニティ期間中の母親のケアが重要です。

また、マタニティ期間は自己の成長と変化を体験する貴重な時間でもあります。妊娠中は身体的な変化があり、体型や体力、ホルモンバランスなどが影響を受けます。これにより、自分自身の限界や新たな可能性を発見する機会となります。また、出産後は育児に向けた心構えや準備、子育てへのアプローチなどを考える必要があります。

さらに、マタニティ期間は家族や周囲の人々とのつながりを深めるチャンスでもあります。妊娠が発覚した瞬間から、パートナーや家族、友人など周囲の支えやサポートが必要になります。共に喜びを分かち合ったり、相談に乗ってもらったりすることで、より豊かなマタニティライフを送ることができます。

マタニティ期間は特別な時期であり、母親となる喜びや不安が入り混じっています。この期間を大切に過ごし、自身の体調や心のケア、出産や子育てに向けた準備をしっかりと行いましょう。マタニティ期間は新たな命が生まれる奇跡の連続です。そして、その奇跡を支えるのは、母親となるあなたの存在なのです。

マタニティ用のアイテムの重要性

マタニティ期間には、体の変化に対応し、快適に過ごすためのマタニティウェアや用品が重要です。

まず、マタニティウェアの重要性について考えてみましょう。妊娠中はおなかの成長に伴い体型が変わります。そのため、通常の洋服では窮屈で動きづらくなることがあります。そこで、マタニティウェアはおなか周りにゆとりがあり、ストレスなく着用できるデザインが特徴です。柔らかい素材や伸縮性のある素材を使用しており、快適な着心地を実現しています。

さらに、マタニティウェアはおしゃれなデザインも豊富です。妊娠中でも自分らしいスタイルを楽しむことができます。花柄やドット柄、シンプルなデザインなど、さまざまなパターンやカラーがあり、自分の好みに合わせて選ぶことができます。おしゃれなマタニティウェアを身に着けることで、自信を持ちながらマタニティライフを楽しむことができます。

また、マタニティ用品の重要性も見逃せません。妊娠中や出産後に役立つさまざまなアイテムがあります。例えば、妊娠中の体の変化に対応したマタニティブラやマタニティパンツ、妊婦用の枕などがあります。これらのアイテムは、体をサポートするだけでなく、快適な睡眠やリラックスをサポートしてくれます。

また、出産準備品や育児用品もマタニティ用品の中で重要な役割を果たします。出産準備品としては、入院時に必要なものや赤ちゃんの出産後に使用するおむつや哺乳瓶などがあります。また、育児用品としては、授乳グッズやベビーカー、お風呂用品などがあります。これらのアイテムは、出産後の生活をスムーズにするために欠かせません。

マタニティ期間は特別な時期であり、マタニティウェアやマタニティ用品は、妊娠中や出産後の快適なライフスタイルをサポートするために欠かせない存在です。自身の体の変化に合わせたアイテムを選び、マタニティライフをより快適に、そしておしゃれに楽しみましょう。

マタニティウェアについて

マタニティウェアは、妊娠中の女性が着用する衣類のことを指します。

マタニティウェアの特徴

マタニティウェアは、妊娠中の女性が着用する衣類であり、その特徴はさまざまです。

まず、マタニティウェアの一つの特徴は、お腹周りに余裕があるデザインです。妊娠中はおなかが徐々に成長し、従来の服では窮屈に感じることがあります。そこで、マタニティウェアはおなか部分や胸元にゆとりを持たせ、お腹の成長に対応することができます。また、ウエスト部分にゴムやアジャスターがあるものもあり、体の変化に柔軟に対応できます。

次に、マタニティウェアは柔らかい素材や伸縮性のある素材を使用しています。妊娠中の女性の体はホルモンの影響で敏感になっており、肌への刺激を最小限に抑えることが求められます。マタニティウェアは肌触りの良い素材を選び、ストレスなく着用できるように工夫されています。また、伸縮性のある素材を使用することで、体の変化に合わせて柔軟にフィットすることが可能です。

さらに、マタニティウェアはデザイン性にもこだわっています。妊娠中でもおしゃれを楽しみたいという女性の声に応えるため、さまざまなデザインが豊富に揃っています。花柄やドット柄、シンプルなデザインなど、さまざまなスタイルやテイストに合わせて選ぶことができます。おしゃれなマタニティウェアを身に着けることで、自身の個性やスタイルを表現しながら、マタニティライフを楽しむことができます。

マタニティウェアは、おなかの成長や体の変化に対応することで快適な着心地を提供し、女性の体と心をサポートする役割を果たします。お腹周りにゆとりがあり、柔らかな素材を使用し、おしゃれなデザインが特徴です。自分自身の変化に合わせてマタニティウェアを選び、マタニティ期間をより快適に過ごしましょう。

授乳服との違い

マタニティウェアとは異なり、授乳服は出産後、母乳で赤ちゃんを育てるための服装です。授乳服は、赤ちゃんがおっぱいを飲む際に便利な特別なデザインが施されています。

まず、授乳服の特徴のひとつは、授乳口の存在です。授乳口は、おっぱいを出すために前開きやジッパー、ボタンなど特別な仕組みが施されています。これにより、授乳時に服を上げる必要がなく、簡単に赤ちゃんをおっぱいに近づけることができます。授乳口は見た目にも自然に調和しており、周囲の人々からもあまり気にされずに授乳できるようになっています。

また、授乳服はアクセスをしやすくするために、素材の選定にもこだわっています。柔らかな素材や伸縮性のある素材を使用することで、赤ちゃんをおっぱいに近づける際の自由な動きや、授乳中の快適な感覚を提供します。特に胸部周辺はデザインや素材に工夫が凝らされており、母乳の出やすさや赤ちゃんの飲みやすさに配慮されています。

授乳服は、マタニティ期間から授乳期間まで長く着用することができるのも特徴です。マタニティウェアと同様にお腹周りにゆとりがあり、体の変化に柔軟に対応します。また、マタニティウェアと同じくおしゃれなデザインも重要視されており、授乳時でもスタイリッシュに過ごすことができます。

授乳服とマタニティウェアは、妊娠中から出産後の母乳育児に至るまでの期間に焦点を当てた服装ですが、それぞれの特徴が異なります。マタニティウェアは体の変化に対応し、快適に過ごすことを重視しています。一方、授乳服は授乳時の利便性や赤ちゃんとのアクセス性を重視してデザインされています。授乳期間には授乳服を使用することで、母乳育児をよりスムーズに行うことができます。

授乳服について

授乳服は出産後、母乳で赤ちゃんを育てるための服装です。

授乳服の特徴

授乳服は、出産後の母乳育児をサポートするために特別にデザインされた服です。その特徴にはいくつかのポイントがあります。

まず、授乳服の特徴のひとつは、授乳口の存在です。授乳口は、おっぱいを出すための前開きやジッパー、ボタンなどの特別なデザインが施されています。これにより、授乳時に服を引き上げることなく、赤ちゃんを快適におっぱいに近づけることができます。授乳口は見た目にも自然で、周囲からの目線を気にせずに授乳ができる利便性を提供しています。

また、授乳服は快適さも重視されています。授乳時は慎重におっぱいを扱いながら行うため、母親自身の体や肌への負担を最小限に抑えることが求められます。そのため、授乳服は柔らかな素材や伸縮性のある素材で作られています。これにより、授乳の際の動きやおっぱいの出し入れがしやすくなり、母乳育児をより快適に行うことができます。

さらに、授乳服はデザイン性も兼ね備えています。多くの授乳服は、普段のカジュアルなスタイルやフォーマルな場面でも着られるようなデザインがされています。花柄やストライプ、シンプルな無地など、さまざまなスタイルやパターンが選べます。授乳期間が終わった後も、通常の服として長く着用することができます。

授乳服は、赤ちゃんの母乳育児をサポートするために設計された特別な服です。授乳口の存在や快適な素材、おしゃれなデザインなど、さまざまな特徴があります。授乳期間を快適に過ごすために、授乳服を選ぶことは重要です。授乳時の利便性と快適さを重視しながら、自身のスタイルに合った授乳服を選びましょう。

授乳服選びのポイント

授乳服を選ぶ際には、いくつかのポイントに注意することが大切です。以下に、授乳服選びのポイントをいくつか紹介します。

まず、素材感が重要です。授乳時はデリケートなおっぱいのケアが必要ですので、肌に優しい素材を選ぶことが重要です。天然繊維の柔らかな素材や吸湿性の高い素材を選ぶと、汗をかいても快適に過ごすことができます。また、伸縮性のある素材も探してみましょう。おっぱいが成長したり、授乳時に柔軟な動きが必要なので、ストレッチが効いた素材が適しています。

次に、価格のバランスも考慮しましょう。授乳期間は一時的な期間ですので、高価な授乳服をたくさん揃える必要はありません。質の良い授乳服を数枚、ローテーションできるようにすると便利です。また、妊娠中にも着用できるマタニティウェアとしての機能を持つ授乳服を選ぶと、出産後も長く使うことができます。

さらに、授乳しやすさに注目しましょう。授乳口が使いやすく、赤ちゃんとのアクセス性が良いデザインの授乳服を選ぶことは重要です。前開きやジッパー、ボタンなどの特別なデザインが採用されている授乳服は、授乳時の手間を減らし、ストレスなく授乳ができます。また、授乳口の位置や大きさも確認してください。使い勝手の良いデザインであることが、授乳のスムーズな実施に繋がります。

授乳服選びの際には、素材感や価格、授乳しやすさといったポイントに注目することが大切です。快適な素材を選び、自分に合った価格帯で購入すると良いでしょう。また、赤ちゃんとの授乳がスムーズに行えるデザインの授乳口があるかも確認しましょう。授乳服は母乳育児をより便利に、そして快適にするためのアイテムです。自身のニーズに合わせて、授乳服を選ぶことをおすすめします。

マタニティ用品について

妊娠中や出産後に役立つ多種多様なマタニティ用品。

マタニティ用品の種類

マタニティ期間や出産後の生活に役立つさまざまなマタニティ用品があります。ここでは、その種類についてご紹介します。

まずは、体調管理用品です。マタニティ期間中は、体調が変動しやすい時期ですので、健康管理が重要です。体温計や妊娠検査薬、吐き気やつわり対策のグッズなどがこれに含まれます。定期的な体調のチェックや不調への対策に役立ちます。

次に、安心・安全用品です。妊娠中や出産後は赤ちゃんのことを最優先に考える必要があります。マタニティベルトやマタニティブラ、マタニティパンツなどがこれに該当します。これらの用品は妊娠中の腰痛やおなかのサポート、快適な睡眠などをサポートし、ママの安心感と快適さを提供します。

さらに、出産準備品も重要なカテゴリです。出産予定日や出産方法などを考慮し、必要なアイテムを準備する必要があります。入院時に必要なものや、産後ケア用品、赤ちゃんの服やおくるみなどがこれに含まれます。出産後の生活をスムーズに進めるために、事前に準備をすることが大切です。

最後に、授乳・育児用品も欠かせません。授乳クッションや授乳パッド、哺乳瓶や哺乳びん洗浄ブラシ、ベビーバスやおむつ替えシートなど、赤ちゃんの成長とケアに必要なアイテムが含まれます。これらの用品は、授乳やおむつ替え、入浴などの日常的なケアに役立ちます。

マタニティ期間や出産後の生活を快適に過ごすためには、体調管理用品、安心・安全用品、出産準備品、授乳・育児用品など、様々なマタニティ用品が必要です。自身のニーズやライフスタイルに合ったアイテムを選び、ママと赤ちゃんの健康と幸福をサポートしましょう。

マタニティ用品選びのポイント

マタニティ用品を選ぶ際には、いくつかのポイントに留意することが重要です。以下に、マタニティ用品選びのポイントをいくつかご紹介します。

まずは、需要性を考慮しましょう。妊娠中や出産後の生活で本当に必要なアイテムを選ぶことが重要です。自身の体型や健康状態、予定されている出産方法などを考慮し、具体的な需要性を評価しましょう。無駄な買い物をせずに、必要なアイテムに資源を集中させることが賢明です。

次に、機能性をチェックしましょう。マタニティ用品は、機能性が求められる場面が多いです。例えば、マタニティベルトは腰痛やおなかのサポートに有効ですので、適切なサイズや調節機能があるか確認しましょう。授乳クッションや哺乳瓶の取り扱いのしやすさなど、使い勝手も重要なポイントです。

また、耐久性も重視しましょう。マタニティ期間や出産後の生活は、多忙な場面も多く、使った回数や使用期間が長くなります。耐久性のある商品を選ぶことで、長く使い続けることができます。耐久性のある素材や製品の評判を調べ、品質にも注意を払いましょう。

さらに、価格をバランスよく考えましょう。高価なマタニティ用品が必ずしも良いとは限りませんし、逆に安すぎる商品は品質に問題がある場合もあります。自分の予算やニーズに合わせて、適切な価格帯の商品を選びましょう。コストパフォーマンスを考慮しながら、必要な機能や耐久性を備えた商品を選択しましょう。

マタニティ用品を選ぶ際には、需要性を評価し、機能性や耐久性、価格をバランスよく考慮することが大切です。自身のニーズに合わせた使い勝手の良い商品を選び、マタニティ期間や出産後の生活をサポートしましょう。しっかりと選ぶことで、快適で安心なマタニティライフを送ることができます。

マタニティマークについて

妊娠中の女性が公共の場所で配慮を求めるためのマークです。

マタニティマークの意義

マタニティマークは、妊娠中の女性が公共の場で配慮を求めるためのマークです。その意義はいくつかあります。

まず、マタニティマークは周囲の人々に妊娠中であることを知らせる役割を果たします。妊娠中の女性は、おなかの大きさや体調の変化などでわかる場合もありますが、一目で確認できないことがあります。マタニティマークを身に着けることで、周囲の人々に妊娠中であることを認知させることができます。

また、マタニティマークは注意と配慮を求めるためのアイテムでもあります。妊娠中の女性は、身体的な変化や体調の不安定さから、通常の生活や移動で不便や負担を感じることがあります。マタニティマークを見た周囲の人々は、気配りや助けの手を差し伸べることができます。例えば、電車で座席を譲ってもらったり、荷物を手伝ってもらったりすることが期待できます。

さらに、マタニティマークは妊娠中の女性同士の交流や情報共有を促す役割も担っています。マタニティマークを身に着けている女性同士は、同じ妊娠期間や妊娠の悩みや喜びを共有することができます。周囲の人々からの理解やサポートを受けながら、個々の妊娠体験を共有することは、心の安定や情報交換に役立ちます。

マタニティマークは、妊娠中の女性が周囲に「妊娠中です」と知らせ、配慮を求めるためのアイテムです。周囲の人々に理解とサポートを得ることで、より安心してマタニティライフを過ごすことができます。また、母親同士の交流や情報共有にも役立ちます。マタニティマークを身に着けることで、豊かなマタニティライフを送りましょう。

マタニティマークの利用方法

マタニティマークの利用方法について、以下にいくつかのポイントをご紹介します。

まず、一般的な利用方法は、交付されるパスにマタニティマークをつけることです。交付されるパスは、妊娠中の女性が医療機関や公共の場において優先的な待遇を受けるためのものです。パスにマタニティマークをしっかりとつけ、視認性を高めるようにしましょう。

また、マタニティマークはバッグや衣服に掛けることもできます。バッグにつけることで、周囲の人々に妊娠中であることを伝えることができます。衣服に掛ける場合は、着用している洋服にけがれずにマークを付けることができます。授乳服やマタニティウェアなどにアクセサリーやピンで取り付ける方法もあります。

注意点としては、マタニティマークが正しく理解されないことがあることです。マタニティマークに関する情報は限られているため、まだ知られていない場所や人に対しては、理解されないことがあります。また、国や地域ごとにマタニティマークのデザインや利用方法が異なる場合がありますので、使用する前に確認することが重要です。

マタニティマークを使うことで、周囲の人々に妊娠中であることを伝え、配慮を求めることができます。パスにマタニティマークをつけたり、バッグや衣服に掛けたりすることで、視認性を高めることが大切です。しかし、正しく理解されない場合もあるため、マタニティマークの利用方法や地域独自のルールについて理解しておくことも重要です。マタニティマークを上手に活用し、妊娠中の女性が安心して過ごせるようにしましょう。

マタニティ期間中の子育て情報

子育てはマタニティ期間から始まります。

マタニティ期間の子育て準備

マタニティ期間は子育てを始めるための準備期間でもあります。ここでは、子育て準備の重要性についてご紹介します。

まず、出産後の生活を想定して必要なアイテムを準備することが大切です。赤ちゃんのために必要なベビーベッドやベビーカー、おむつや哺乳瓶などを用意しましょう。また、赤ちゃんの衣類やおくるみ、授乳クッションなどの育児用品も必要です。事前にリストを作成し、必要なアイテムを揃えることで、出産後の生活をスムーズに始めることができます。

さらに、子育てに必要な知識や情報もしっかりと身につけることが必要です。医療機関や専門書籍などから正しい情報を入手し、妊娠中にできる限り多くの知識を得ることが大切です。赤ちゃんの成長に合わせた育児方法や安全に関する知識、授乳やおむつ替えの方法など、子育てに関する基礎的な知識を身につけることで、出産後の不安を軽減し、自信を持って子育てに取り組むことができます。

また、心の準備も大切です。マタニティ期間は身体的な変化やホルモンの影響など、様々な感情の起伏があります。赤ちゃんとの絆を築き、子育てへの意欲を高めるためにも、心の準備を整える必要があります。パートナーや家族とのコミュニケーションを通じて、出産後の生活に対する期待や不安を共有しましょう。また、産前の準備期間を楽しむことも大切です。おなかの中の赤ちゃんとのコミュニケーションや、自身のリラックスする方法を見つけることで、穏やかなマタニティ期間を過ごすことができます。

マタニティ期間は子育ての準備期間でもあります。必要なアイテムを揃えるだけでなく、子育てに関する知識や情報、心の準備を整えることも重要です。マタニティ期間を有意義に過ごし、出産後の子育てに自信と喜びを持って取り組みましょう。

子育ての情報源

子育てに関する情報源はさまざまあります。以下に、いくつかの情報源をご紹介します。

まず、医療機関は子育てに関する信頼性の高い情報源です。妊娠中から出産後の健康管理や赤ちゃんの成長について、医師や助産師からのアドバイスや指導を受けることができます。定期的な診察や健康相談を通じて、正確な情報や適切なアドバイスを得ることができます。

また、経験者のブログやSNSも子育ての情報源として活用できます。ママやパパが自身の経験や考えを発信しているブログやSNSアカウントをフォローすることで、日常的な子育ての悩みや喜びを共有することができます。また、コミュニティサイトや掲示板も、子育てに関する情報交換や相談に利用できる場となっています。

さらに、専門書籍や雑誌も有益な情報源です。妊娠や出産、育児に関する情報を網羅した書籍や雑誌が多数出版されており、専門家による知識や実践的なアドバイスを得ることができます。自宅でじっくりと読書することで、知識を深めることができます。

さらに、地域の子育て支援施設や団体なども情報源として役立ちます。自治体の子育て支援センターや地域の親子サークルなどに参加することで、他の親子との交流や情報交換ができます。また、専門家による子育て講座やイベントも開催されていますので、情報収集の機会とすることもおすすめです。

子育てに関する情報は、医療機関や経験者の情報、専門書籍、地域の支援施設など、さまざまな情報源から得ることができます。正確な情報や実践的なアドバイスを適切に選び、自身の子育てに活かしていきましょう。

お問い合わせ

記事中に出てきた商品・サービスに関するお問い合わせは、

お問い合わせの方法

記事中の商品やサービスに関するお問い合わせは、通常、ウェブサイトに設定されているお問い合わせフォームを利用することが一般的です。ウェブサイトにアクセスし、お問い合わせフォームに必要事項を入力して送信することで、メーカーや販売元とのコミュニケーションを図ることができます。

また、直接店舗へ電話することも一つの方法です。店舗の連絡先や営業時間を確認し、電話で質問や問い合わせをすることができます。テレフォンオペレーターや専門のスタッフが対応し、適切なアドバイスや情報提供をしてくれるでしょう。

お問い合わせをする際には、具体的な商品名やサービス名を明記することが重要です。また、質問や要望を明確に説明し、返答が欲しい情報や希望する対応についても伝えましょう。連絡先や連絡時間など、自身の連絡先もしっかりと記載することが大切です。

お問い合わせは、商品やサービスに関する疑問や不明点を解消するための有効な手段です。念入りに情報を集め、迷ったり疑問が生じた場合は、積極的にお問い合わせをして解決しましょう。メーカーや販売元はお客様の要望に真摯に応える姿勢を持っており、的確な情報提供やサポートをしてくれることでしょう。

お問い合わせ時の注意点

お問い合わせをする際には、いくつかの注意点に留意することが重要です。

まず、具体的な商品名やサービス名を明記することが求められます。質問や要望をする際には、対象となる商品やサービスの情報を正確に伝えることで、迅速な対応が期待できます。

また、お問い合わせの内容や質問は明確に説明することが重要です。疑問や要望を具体的に伝え、相手に正確な情報を提供しましょう。これにより、スムーズな対応や適切なアドバイスが得られます。

さらに、丁寧かつ明瞭な言葉遣いを心がけましょう。相手に対して敬意をもって接し、礼儀正しくコミュニケーションを取ることが大切です。わかりやすい文章で質問や要望を伝えることで、的確な返答が得られます。

お問い合わせの際には、連絡先や連絡時間などの連絡情報も正確に記載しましょう。相手が返信や対応をするためには、お客様の連絡先が必要です。また、連絡時間や優先度など、期待する対応に関する要望も適切に伝えましょう。

お問い合わせは、円滑なコミュニケーションを通じて情報の受け渡しや解決策の提供を目指すものです。注意点に留意し、丁寧かつ明確に相手に伝えることで、スムーズなコミュニケーションを築くことができます。お問い合わせの際には、要点をまとめたメッセージを作成し、効果的なコミュニケーションを図りましょう。

まとめ

マタニティ期間を快適に過ごすための様々なアイテムや情報を紹介しました。

マタニティウェア、授乳服の重要性

マタニティウェアと授乳服は、妊娠期間や出産後の母乳育児をサポートするために重要な役割を果たします。マタニティウェアは体の変化に合わせて快適な着心地を提供し、自身のスタイルを楽しむこともできます。一方、授乳服は授乳しやすさを考慮した特別なデザインが施されており、ママと赤ちゃんの快適な母乳育児を支えます。適切なマタニティウェアや授乳服を選ぶことで、マタニティ期間や出産後のライフスタイルをより快適に楽しむことができます。

マタニティ生活を楽しむために

マタニティ生活を楽しむためには、自身に合ったマタニティウェアや授乳服を選ぶことが大切です。快適さを保ちつつ、自身のスタイルを楽しむことで、自信と喜びを持ってマタニティ期間を過ごすことができます。また、子育てに必要なアイテムや知識を準備し、マタニティ準備を十分に行うことも重要です。出産後の生活に備え、必要なものを整え、安心感を持って迎えることができます。さらに、自身や赤ちゃんの健康や心のケアにも時間を割きましょう。マタニティ期間は一生に一度の大切な期間です。自身の体の変化や赤ちゃんの成長を楽しみながら、特別な時期を思い出深いものにしましょう。

美健LABO. K-Style

ロゴ

産前産後の整体ケアからフェイシャルエステまで多彩な施術を溝の口で展開しています。お客様の不調に対してじっくりと耳を傾け、適切なメニューを提案します。痛みのない施術で、美と健康をトータルサポートします。

美健LABO.K-Style

〒213-0013

神奈川県川崎市高津区末長3-6-23

大久保ビル1階